沖縄の塾 津田塾

山城 達丸

山城 達丸くん
(やましろ たつまる)

琉球大学
教育学部 生涯教育課程

(興南高校卒)

私が勉強を始めた時期は高校2年の春休みに入ってからです、高校では6月の引退まで部活に力を入れていたからです。

高校1年の時は、授業の学習だけでいい成績を取ることが出来たのですが、2年に上がってからは授業内容も十分に理解できなくなっていきました。
それにもかかわらず部活や遊びに熱中しすぎた為、一年間で成績は大幅に下がりました。

このままでは受験に失敗してしまう、と危機感を覚えたのです。

そして、もうすぐ春休みも近いという頃、友人からの誘いでこの塾を知り、入塾を決めました。

津田塾への入塾の決め手は、まず一つ目に、自分で受講する科目を選べる映像授業のシステムだったからです。

成績は落ちたものの、英語と数学だけは維持し続けることが出来ていました。

そして、この2科目は自習だけでやっていける自信があったため、塾で習う必要はないと感じたのです。

逆に、古典の成績はとてもひどかったため、自分ではやりきれないと思ったのです。

このような私の要望に応えてくれたのがこの塾でした。

最初は映像ということに抵抗がありましたが、一度見てみればとても分かり易く、面白い授業だと知りました。

また、分からないことがあっても、「バックアップサービス」や「チューターの先生方のサポート」により、解決へとたどり着くことが出来ました。

また、自学自習の場としても塾を活用していました。

科目を完成できるような計画を立て、実行に向けて頑張りました。あきらめようと思った時もありましたが、自習室にいる周りの人たちの必死な様子を見て、自分はまだ足りないと思い、頑張ることが出来たのです。

受験生という1年間を、学校とこの塾で過ごして大切だったと思ったことは、「自らの意志で決定し、行動する力」です。

頑張ることも休むことも自分の意志で決定することです。受験生は、自分には今何が大切なのかを考えて行動してください。

 

一年間津田塾で支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。