沖縄の塾 津田塾

根間 椋香 さん
(ねま けいか)

東京農工大学工学部
応用分子科学科

(那覇国際卒)

東京農工大学工学部応用分子化学科に合格した根間椋香です。

≪東進を選んだ理由≫
 

 私は浪人が決まってから東進に入塾しました。今回は東進を選んだ理由と入塾して良かった所を書きたいと思います。

 選んだ理由の一つ目は講座が全て映像授業だということです。一斉授業と違い、自分の得手不得手や学習スピードに合わせて講座が受講出来るという所が、マイペースに勉強する事が好きな私には魅力的でした!

 私はセンターの地歴公民で日本史を選択していたのですが、元々暗記がとても苦手な私は現役生の頃からずっと4割程しか取れずにいました。しかし、金谷先生のセンター試験対策講座を受講する事によって日本史の流れを掴む事が出来、本番では7割を越える事が出来ました。 分かりにくい所を繰り返し受講し、講座終了ごとにある確認テストを何回も受け直した事が知識の定着に繋がったと思います。
 二つ目は東進独自の模試が毎月行われていることです。東進では隔月でセンター試験模試と記述模試が交互に行われたので、センターと二次試験のどちらかだけに重きを置く事無く満遍なく学習する事が出来ました。これらの模試は受験者全体における偏差値だけでは無く、志望する大学の目標点までどの分野を何点上げれば良いのかということや過去の合格者と現在の自分の得点率の比較が可視化されているので、その後の勉強方針を立てるのに活躍しました。また、数日後には解説講座を受講出来るので、結果が届くよりも早い段階で復習する事が可能でした。

≪最後に≫

 東進で浪人して良かった所は、決まった時間割ではなく自分で時間の使い方を決めるので、もう一度自分の目指すものは何なのかを考え直せた事です。私は最初東工大を目指していたのですが、現役生の時には行けなかったOC(オープンキャンパス)に行き、実際に自分の目で大学を確認する事で、自分の本当に行きたい大学を見つける事が出来ました。先生方、チューターの方々の支えがあったお蔭で、無事合格できました。これからも夢に向けて頑張っていきたいと思います!