沖縄の塾 津田塾

知花 真志
(ちばな しんじ)

琉球大学工学部
機械システム工学科

(那覇国際高校卒)

 私が受験勉強を本格的に始めたのは、高校三年生の夏休みに入ってからで、周りよりもだいぶ遅いスタートでした。それまでの私は、とても意識が低く、勉強なんてそっちのけで遊んでばっかりでした。そんな私が急にスイッチを入れられるはずも無く、夏休みに入って、さぁ勉強しようか、と思っても何から勉強をしたらいいのか分かりませんでした。

 そんな状態から救ってくれたのが、東進の担任や担任助手、先輩たちでした。中でも一番の刺激になったのは、ひとりの親友の存在でした。私はその友達と一緒に共通の目標を立て、夏休みの間はもちろん、夏休みが明けてからもお互いに励ましあいながら頑張っていました。最もつらかったセンター対策もその親友のおかげで乗り越えていけたと思っています。

 しかし残念ながら、私は第一志望には届きませんでした。その一番の原因はやはり受験勉強に取り組むのが遅すぎたことだと思います。今でも、もっと早く受験に対しての意識を高く持って勉強に取り組んでいれば・・・と後悔することが度々あります。だから受験生の皆さんには、私みたいに悔いが残らないように、もっと早い段階から受験勉強に取り組んでほしいと願います。

 受験勉強に取り組むにあたって、私が大切だなと思うことが二つあります。一つ目はもちろん、志望校の決定です。目標が無ければ、何をどう勉強すればいいのか分からず、受験勉強なんて絶対にできません。理由は何でもいいと思います。とりあえず、志望校を決めて勉強を始めることが大切だと思います。ただ、このとき意識してほしいのは、今の自分の学力よりもずっと高めの大学を第一志望にすることです。なぜなら、たとえその大学に学力が達しなかったとしても、いざ視野を広げてみてみると、その大学を目指す過程で乗り越えてきた大学は沢山あると思うからです。かく言う私も、第一志望へは届かなかったものの、やりたいことができる大学へ合格を決めることが出来ました。

 二つ目は、これもよく言われることですが、担任や担任助手を目一杯頼ることです。私は頼った結果、今何を勉強すればいいのか、とかいろいろなことがはっきり見えました。

 これから受験生になる皆さん、ぜひ先輩たちの成功例、失敗例を活かして受験勉強に励んでください!応援しています。